マックホールディング株式会社は、次の三協を基本としグローバルな社会貢献と、社会全体の繁栄を計る。

【1.協 働】

事業推進を通して縦(仕事による個人・社会との関係)の繋がりとインターネット社会の特徴を手がけた横(地理的空間)の広がりを推し進め、地域の枠を越えた立体的な事業構造の拡大を計る。
そして、世界的な”協働”関係を深化させ、グローバルな社会貢献を目指す。

【2.協 業】

社会福祉の観点を強く意識し、仕事の面から社会的弱者とも”協業”を強め、お互いの繁栄を計る。

【3.協 創】

@ 会社一丸となった”協創”精神により、利益を生み出す。それを社員、役員、株主、パートタイマー等全貢献者に対し、合理的還元を実現することにより能動性を発揚し、社会全体の繁栄を計る。
A 会社を支えてくれる顧客、周辺企業、全国在宅事業者(SOHO)及び在宅勤務社員(内勤者に準ずる)
との平面的協力を超えた”協創”いう厳しい精神で利潤を生み出し、それぞれの繁栄を計るために邁進する。
マックホールディング株式会社
代表取締役 松田 博明
このページのトップへ